●ひろふくのイベント

「瀬川泰代 左手のピアノ"祈望"コンサート」
  いのちの虹をかけよう 広島~福島~熊本


お蔭さまをもちまして、チケット完売、満席のご来場のうちにコンサートを終えることができました。
ご来場の皆さま、ほんとうにありがとうございました。

また、このたびはチケット完売につき、止む無くご来場をお断り申し上げた方々がおられます。とても心苦しく、お気持ちに沿えなかったことを、心よりお詫び申し上げます。

このたびも、会場内外で多くのご支援を頂きました。
会場のまごころ募金は、75,954円もの浄財をお捧げ頂きました。
重ねまして、心よりお礼申しあげます。

皆さまのこの浄財は、福島・広島・そして熊本へと責任もっておつなぎ致し、追って、ご報告と致しまして内容などをお知らせ申し上げます。

今後とも、ひろふくを何とぞよろしくお願い申し上げます。
時節柄、ご自愛くださいませ。

広島と福島を結ぶ会
代表 加藤りつこ













 写真をクリックすると拡大します

●当日のプログラム
写真をクリックすると拡大します







画像をクリックすると、拡大できます

●日 時:2016年8月6日(土)
     12時半開場 13時開演
●会 場:広島市南区民文化センター
     スタジオ
●入場料:大人2,000円(当日2,500円)
     中・高・大学生1,000円、
     小学生以下無料
●出 演:瀬川泰代(ピアノ)
     井野口慧子(詩の朗読)
     小田聡(アルトサックス)

●入場券のお申込みはこちらから






     
●コンサート開催によせて 加藤りつこ

このコンサートは、7月初旬から8月初旬頃までオーストリア・グラーツへ留学中の”左手のピアニスト”瀬川泰代さんが一時帰国、という情報を得て、急遽決まったコンサートでした。
グラーツへ戻る日が8月7日と聞いて、これから準備するには7月公演は無理ということで、土日を探すと8月6日のみという選択肢のない開催日の決定となりました。
さて、会場の確保が大変!! 8月6日は広島市では原爆関係の行事の多い日。不安でしたが、幸運なことに、広島市南区民文化センターのスタジオが一ヶ所空いていて早速予約したという慌ただしい決定でした。
8月6日に決まったのも何か深い意味があるのかもしれません。

20年来親しくお付き合いいただき、心の拠り所として支えてくださっている詩人の井野口慧子さんの詩と朗読のすばらしさに長年触れてきた私は、泰代さんの演奏と合わせると、きっとコンサートに深みが増すと閃きメンバーに提案。全員一致でコラボが決まりました。...
井野口さんも、昨年までは8・6は毎年朗読されていたのに、今年だけ空いていたという幸運。
福島と熊本への思いが天に届いたかのような幸運の連鎖で決定したコンサートです。
勿論!!我がひろふく会のホープ、小田聡の抒情溢れるアルトサックスもジョイントさせていただきます。

皆さま!!! どうかこの熱い想いに少しだけ心を傾けていただき、広島から福島~熊本への応援の輪を広げてくださいませんか?
チラシは「ひろふく会」のお抱えデザイナー住田優子が担当しました。
何から何まで手作りの小さな会ですが、愛と情熱に溢れたメンバーです。
どうぞよろしくお願いいたします。  

ひろふくのFacebook

広島と福島を結ぶ会Facebookへ 広島と福島を結ぶ会